パート主婦でもお金借りる

\パートやアルバイトの借入なら/

トップページ > 東京都 > 新宿区

今日中にお金がないと困る…
バイト給料日までもたない…
パートでも借りれるローンはある?


そんな悩みをお持ちの方へ。

こちらでは、東京都新宿区周辺で急ぎでお金が必要なパート主婦やアルバイトの方のために、新宿区内で安心して借りれる所をご紹介しています。(※最短1時間融資)

パート主婦・アルバイトがお金借りるなら

正社員と比べると収入が少ないために、パート主婦やアルバイトだと借りられないと思っている方が多いと思います。

ですが、実際には収入の多い少ないは関係なく、大切なのは「安定した収入があること」なんです。

パートやアルバイトとして働き、毎月一定の収入がある方であれば、返済能力があると判断されるという事です。

もちろんパート主婦やアルバイトでもお金が借りれると言っても、正社員や公務員の方と比べると借入限度額はそれほど多くないのが現実です。

ですが、どんな借入先を選んだとしても収入に見合った金額しか借り入れできないので、こればかりは仕方のないことかと思います。

銀行カードローンは審査が厳しい?迷ったら消費者金融へ

東京都新宿区の銀行カードローンだと低金利で借り入れできるため、迷わず申し込みたいところですが、低金利ゆえに審査が厳しくなっているのがデメリットです。

特に収入の少ないパート主婦やアルバイトの方の場合は、少額融資であっても審査に通る可能性が低いようです。

また、審査が厳しいことから銀行融資は時間がかかるケースが多く、急ぎでお金を借りたい方にはおすすめできません。

即日融資も可能なカードローンをお探しなら、大手の消費者金融の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

審査が早いうえに安心して借りれると評判なので、パート主婦やアルバイトの方にもおすすめです。

パートやアルバイトの方へ
\お金借りるならココ!/

24時間365日土日も借入OK
スマホから申込み可能
実質年率4.5%~17.8%
限度額1万円~500万円
審査時間最短30分
無利息期間30日間
収入証明書原則不要※借入総額により収入証明書類(源泉徴収票など)が必要
  • 初回は30日間利息0円
    メールアドレス登録とネット明細利用の登録をするだけで、30日間利息0円でお金が借りれます。
  • 今日中に借りれる
    三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。
  • 担保・保証人なしで借りれる
  • ネットなら最短1時間で借入OK
  • スマホなら専用アプリが便利
  • 大手カードローン会社で安心

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • パスポートまたは健康保険証+住民票
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書 など

【収入証明書類】

  • 確定申告書
  • 住民税決定通知書
  • 所得証明書
  • 課税証明書 など
最短即日で振込融資OK
実質年率3.0%~18.0%
限度額1万円~800万円
審査時間最短30分
無利息期間最大30日間
収入証明書原則不要※お借入総額により収入証明書類(源泉徴収票など)が必要
  • 今日中に借りれる(24時間、土日も即日振込が可能です。)
    ※金融機関・お申込時間帯によっては利用できない場合があります。
  • 初回は最大30日間利息0円
  • 担保・保証人なしで借りれる
  • ネット完結で契約手続き可能
  • PC・スマホで申し込みOK

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • 健康保険証 など

【収入証明書類】

  • 市民税・県民税額決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書(第一表) など
来店不要で最短融資OK
実質年率3.0%~18.0%
限度額1万円~800万円
審査時間最短30分
無利息期間最大30日間
収入証明書原則不要※お借り入れ合計額により収入証明書類(源泉徴収票など)が必要
  • 初回は最大30日間利息0円
  • 今日中に借りれる
  • 担保・保証人なしで借りれる
  • ネットですべての手続き完了

お金の借り方まとめ

こちらでは、パート主婦やアルバイト勤務の方でも安心して借りれる借入先をご紹介しました。

大手の消費者金融会社であれば、雇用形態を気にすることなくお金を借り入れることが出来るので、急な出費にもすぐに対応することができるのがメリットです。

ただし、他社ローンをご利用中の方に関しては、審査に通る確率はどうしても低くなってしまいます。

もしも申し込みを検討中のカードローン会社がある場合には、まずは公式サイトで用意されている仮審査を受けてみてはいかがでしょうか。審査に通るかどうかの目安になりますよ。

東京都新宿区の方向けよくあるQ&A

こちらでは、東京都新宿区のパート主婦やアルバイトの方のために、よくある質問と答えをQ&A形式でご紹介しています。

良ければカードローン申込前の参考にしてみてください。

Q. パート勤務の私がカードローンに申し込んだら限度額はいくらになりますか?

A. 原則として融資を受けられるのは年収の3分の1までとなっています。

パートやアルバイトに関わらず正社員の方でも、賃金業法により利用可能限度額は年収の3分の1までと決められています。

よって、東京都新宿区のパート勤めの方は、現在の年収の3分の1以下の限度額になるのではないでしょうか。

具体的な限度額については、実際に審査を受けてみなければ分かりませんので、気になる方は公式サイトにある仮審査を受けてみてはいかがでしょうか。

Q. カードローンでお金を借りたいんですが、バイト始めたばかりでも借りれますか?

A. 勤続年数が長い方が審査においては有利とされていますが、在籍確認が取れれば問題ありません。

カードローン審査において、勤続年数1年未満の場合は審査に通りづらいと言われますが、審査基準として明確な勤続年数を記載している金融機関はどこにもありません。

安定した収入があること、年齢制限を申込条件としている所が多いため、東京都新宿区でバイト始めたばかりの方が申し込みしてみる価値は十分にあると思われます。

ただし、バイト始めたばかりの方でもすでに他社でローンを組んでいたり、クレジットカードの利用実績に問題があるといった場合には、勤続年数に関わらず審査落ちの可能性が高くなってしまいます。

ですが、逆に言えばカードローンの利用が初めてでなおかつクレジットカードの利用実績も良好であれば、問題なく審査に通過すると思われます。

Q. パート勤務の私でも即日で融資してもらえますか?

A. はい。パート・アルバイト勤務の方でも最短でご融資してもらえます。

こちらでご紹介しているプロミスアコムアイフルなら審査が早いと評判です。

パソコンやスマホからネット申し込みも出来るので、申し込みから借り入れまでの手続きも早いのでおすすめです。(※最短1時間融資)

東京都新宿区でお急ぎの方は、あらかじめ必要書類を準備しておき、ネットから申し込みすることをおすすめします。

主な必要書類は、以下の通りです。それぞれ以下のうちいずれか1点を提出する流れになります。

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 住民票
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード
  • 公的証明書類
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書 など

【収入証明書類】

  • 給与明細書
  • 源泉徴収票
  • 所得証明書
  • 課税証明書
  • 住民税額決定通知書
  • 確定申告書の控えのコピー など

なお、金融機関ごとに収入証明書類として認められる書類は異なります。あらかじめ公式サイトで確認しておくようにして下さい。

借入の基礎知識コラム

貸金業にかかわる法改正により1社から50万以上もしくは複数社から100万以上のキャッシングをする場合は年収金額を証明することが義務付けられていますが、ひっくり返して言えばそれより少なければ年収額を証明する必要がないという解釈もできます。

ただし、それより小さい額でも年収証明できるほうが好ましいかもしれません。

一般的に、キャッシングサービスの審査では返済可能かどうかが判断されます。

ですから、安定した収入のある立場でなければいけません。

公務員や会社員に限らず、フリーターでも安定した収入が見込めるのならば、お金を借りられます。

ですから、定期的な収入の望めない無職やニートは審査に落とされてしまいます。

専業主婦の場合、どの金融機関でも契約可能というわけではありません。

ノンバンク系のキャッシングサービスは難しくなりますが、銀行のローンならば、融資を受けられるでしょう。

とはいえ、配偶者に安定収入があることを証明する必要があることを忘れないでください。

キャッシングしたいのは毎回使えるお金がないときですから、身近なキャッシング会社を好んで利用してしまいます。

そのあとで、違う会社の方が金利が少ないと残念に思いますよね。

事前に金利の計算をして、いくつかの会社をみてから堅実に利用したいものです。

お金を借りる「カード」というと、クレジットカードとカードローンを同じように考えているケースが案外多いみたいです。

キャッシング面だけなら間違うのも無理もない気がしますが、融資上限額にすごい差があるのです。

いまから解説しますので、全然違うものであるのを分かってください。

クレジットカードは買い物重視のため、キャッシングの額が低めに設定されていて、カードローンのほうは借り入れが目的なので、高い上限額(500万とか)が設定されているのは当たり前です。

なかには800万円までなんていうのもありますよ。

キャッシングを利用する上で注意しなければいけないのは、返済期日に遅れる延滞です。

いつもの返済額にさらに遅延損害金が上乗せされるので、高くつきます。

それどころか何度も延滞すると、理由はどうあれいずれブラックリストに登録され、今後何年かにわたってキャッシングができなくなることもあるのです。

借りるときも便利なキャッシングは返すときも便利で、さまざまな返済方法・窓口が用意されていますから、きちんと期日を守ることが大切です。

延滞の許容範囲はどのくらいかと考えるより、まず、延滞しないことを忘れないようにしましょう。

生きていく上で生活から切り離せない金融機関では、それぞれ借り入れ可能な限度額に違いがあり、すぐに必要な分だけの小さな融資等に限らず、たとえば、数百万円にもなるような大きな融資も利用限度額内であれば受けられるようになっています。

少しでも早く融資をしてもらいたい場合には、驚くほどすぐに現金が手に入れられるので、たいへん重宝しているという人も多いはずです。

借入先の機関が発行するカードを利用して借りるという方法が、一般的に広く知られています。

近年、審査が簡単になったと感じることが多いですが、審査なしで融資を受けるのはまず、ありえないでしょう。

まともな会社なら金額に合った審査をした上で無理のない融資を行っています。

いくら貸金業の免許があったとしても、無審査で現金を融資するような会社は背後に違法な組織があったり、法外な金利を設定していると思ったほうが良いでしょう。

もし審査にこだわるのなら、審査基準が低い会社に申し込むのも手だと思います。

新興の楽天カードローンは比較的通りやすく、断られた経験があって落ち込んでいる人でも、ここなら狙い目だと思います。

「嘘の申告をしてカードローンの審査に通った」という話をたまに聞ききますが、それは電子化以前の話のようです。

事実だけ言えば、それはそれだけで刑法上の罪(有印私文書偽造)になります。

ただ、審査中に発覚したとしても会社としては被害届を出すか否かというと、微妙なところですね。

被害が出ていれば通報する、未然阻止ならしないというスタンスかもしれません。

どのみち、虚偽でお金を借りることがまかり通るなんてありえないと考えたほうが妥当でしょう。

それで運良く(?)審査に通ったりしたらなお大変です。

完済までにバレる恐怖が続く上、バレたら一括返済を迫られる(当然です)といったデメリットがあるのです。

トクか損か考えるまでもないですね。

借金は過払いが起こりやすいもので、自分でもわからないうちに払い過ぎという状態が起きていたということもあります。

もし払い過ぎになっていると気づくことがあれば、できるだけ早く弁護士に相談しましょう。

会社から過払い金を手に入れる手続きを行えば、手に入ることがあります。

なんとなく使っていたキャッシング。

もっと賢く使いこなしましょう。

たとえば返済方法ですが、一括返済と分割返済に分かれています。

総返済額を少なくするなら、一括払いです。

利息が少なくて、トータルで安く済むのです。

一方、分割払いにもそれなりのメリットがあります。

返済期間が長いので利息分の支払いが増えますが、支払い回数を選んだり、リボの定額払いにすることで、月々の生活費を圧迫しない程度に調整することができます。

自分の生活設計に合わせた無理のない返済方法を見つけることがキャッシングをうまく使うカギだと思います。

東京都新宿区の方向けカードローンお役立ち情報

パート・アルバイトの方には
\最短で借りれるプロミス/

東京都新宿区で今すぐお金を借りるなら