パート主婦でもお金借りる

\パートやアルバイトの借入なら/

トップページ

今日中にお金がないと困る…
バイト給料日までもたない…
パートでも借りれるローンはある?


そんな悩みをお持ちの方へ。

こちらでは、急ぎでお金が必要なパート主婦やアルバイトの方のために、安心して借りれる所をご紹介しています。(※最短1時間融資)

パート主婦・アルバイトがお金借りるなら

正社員と比べると収入が少ないために、パート主婦やアルバイトだと借りられないと思っている方が多いと思います。

ですが、実際には収入の多い少ないは関係なく、大切なのは「安定した収入があること」なんです。

パートやアルバイトとして働き、毎月一定の収入がある方であれば、返済能力があると判断されるという事です。

もちろんパート主婦やアルバイトでもお金が借りれると言っても、正社員や公務員の方と比べると借入限度額はそれほど多くないのが現実です。

ですが、どんな借入先を選んだとしても収入に見合った金額しか借り入れできないので、こればかりは仕方のないことかと思います。

銀行カードローンは審査が厳しい?迷ったら消費者金融へ

銀行カードローンだと低金利で借り入れできるため、迷わず申し込みたいところですが、低金利ゆえに審査が厳しくなっているのがデメリットです。

特に収入の少ないパート主婦やアルバイトの方の場合は、少額融資であっても審査に通る可能性が低いようです。

また、審査が厳しいことから銀行融資は時間がかかるケースが多く、急ぎでお金を借りたい方にはおすすめできません。

即日融資も可能なカードローンをお探しなら、大手の消費者金融の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

審査が早いうえに安心して借りれると評判なので、パート主婦やアルバイトの方にもおすすめです。

パートやアルバイトの方へ
\お金借りるならココ!/

24時間365日土日も借入OK
スマホから申込み可能
実質年率4.5%~17.8%
限度額1万円~500万円
審査時間最短30分
無利息期間30日間
収入証明書原則不要※借入総額により収入証明書類(源泉徴収票など)が必要
  • 初回は30日間利息0円
    メールアドレス登録とネット明細利用の登録をするだけで、30日間利息0円でお金が借りれます。
  • 今日中に借りれる
    三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。
  • 担保・保証人なしで借りれる
  • ネットなら最短1時間で借入OK
  • スマホなら専用アプリが便利
  • 大手カードローン会社で安心

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • パスポートまたは健康保険証+住民票
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書 など

【収入証明書類】

  • 確定申告書
  • 住民税決定通知書
  • 所得証明書
  • 課税証明書 など
最短即日で振込融資OK
実質年率3.0%~18.0%
限度額1万円~800万円
審査時間最短30分
無利息期間最大30日間
収入証明書原則不要※お借入総額により収入証明書類(源泉徴収票など)が必要
  • 今日中に借りれる(24時間、土日も即日振込が可能です。)
    ※金融機関・お申込時間帯によっては利用できない場合があります。
  • 初回は最大30日間利息0円
  • 担保・保証人なしで借りれる
  • ネット完結で契約手続き可能
  • PC・スマホで申し込みOK

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • 健康保険証 など

【収入証明書類】

  • 市民税・県民税額決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書(第一表) など
来店不要で最短融資OK
実質年率3.0%~18.0%
限度額1万円~800万円
審査時間最短30分
無利息期間最大30日間
収入証明書原則不要※お借り入れ合計額により収入証明書類(源泉徴収票など)が必要
  • 初回は最大30日間利息0円
  • 今日中に借りれる
  • 担保・保証人なしで借りれる
  • ネットですべての手続き完了

お金の借り方まとめ

こちらでは、パート主婦やアルバイト勤務の方でも安心して借りれる借入先をご紹介しました。

大手の消費者金融会社であれば、雇用形態を気にすることなくお金を借り入れることが出来るので、急な出費にもすぐに対応することができるのがメリットです。

ただし、他社ローンをご利用中の方に関しては、審査に通る確率はどうしても低くなってしまいます。

もしも申し込みを検討中のカードローン会社がある場合には、まずは公式サイトで用意されている仮審査を受けてみてはいかがでしょうか。審査に通るかどうかの目安になりますよ。

よくあるQ&A

こちらでは、パート主婦やアルバイトの方のために、よくある質問と答えをQ&A形式でご紹介しています。

良ければカードローン申込前の参考にしてみてください。

Q. パート勤務の私がカードローンに申し込んだら限度額はいくらになりますか?

A. 原則として融資を受けられるのは年収の3分の1までとなっています。

パートやアルバイトに関わらず正社員の方でも、賃金業法により利用可能限度額は年収の3分の1までと決められています。

よって、パート勤めの方は、現在の年収の3分の1以下の限度額になるのではないでしょうか。

具体的な限度額については、実際に審査を受けてみなければ分かりませんので、気になる方は公式サイトにある仮審査を受けてみてはいかがでしょうか。

Q. カードローンでお金を借りたいんですが、バイト始めたばかりでも借りれますか?

A. 勤続年数が長い方が審査においては有利とされていますが、在籍確認が取れれば問題ありません。

カードローン審査において、勤続年数1年未満の場合は審査に通りづらいと言われますが、審査基準として明確な勤続年数を記載している金融機関はどこにもありません。

安定した収入があること、年齢制限を申込条件としている所が多いため、バイト始めたばかりの方が申し込みしてみる価値は十分にあると思われます。

ただし、バイト始めたばかりの方でもすでに他社でローンを組んでいたり、クレジットカードの利用実績に問題があるといった場合には、勤続年数に関わらず審査落ちの可能性が高くなってしまいます。

ですが、逆に言えばカードローンの利用が初めてでなおかつクレジットカードの利用実績も良好であれば、問題なく審査に通過すると思われます。

Q. パート勤務の私でも即日で融資してもらえますか?

A. はい。パート・アルバイト勤務の方でも最短でご融資してもらえます。

こちらでご紹介しているプロミスアコムアイフルなら審査が早いと評判です。

パソコンやスマホからネット申し込みも出来るので、申し込みから借り入れまでの手続きも早いのでおすすめです。(※最短1時間融資)

お急ぎの方は、あらかじめ必要書類を準備しておき、ネットから申し込みすることをおすすめします。

主な必要書類は、以下の通りです。それぞれ以下のうちいずれか1点を提出する流れになります。

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 住民票
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード
  • 公的証明書類
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書 など

【収入証明書類】

  • 給与明細書
  • 源泉徴収票
  • 所得証明書
  • 課税証明書
  • 住民税額決定通知書
  • 確定申告書の控えのコピー など

なお、金融機関ごとに収入証明書類として認められる書類は異なります。あらかじめ公式サイトで確認しておくようにして下さい。

借入の基礎知識コラム

どのような事情があるにせよ、返済期日に間に合わなくなって支払えなくなるということは避けなければいけないことです。

信用情報にも傷がつくので、その業者だけでなく、あらゆる金融機関とのローン契約が厳しくなるでしょう。

保証人も担保もない個人にお金を貸してくれるのは、その人が返済の約束を守ってくれると信頼して、融資してくれるということなのです。

責任を負える大人だからこそ、こうした信頼を裏切るような行動は絶対にやらないでください。

賢くキャッシングを使うためには、各社のサービスの特徴を比較検討しておきましょう。

金利はもちろんのこと、30日無利息ローンがあるサービスかどうかや、申込手続きが面倒でないか、といったことも比較したい要素です。

また、契約後にどれだけ手軽に使えるかどうかも重要ですから、借入返済の手続きが生活圏にあるATMで利用できるかどうかも確認しておきましょう。

手数料がかからないATMもありますから、どちらが都合が良いのか時間をかけて考えておきましょう。

キャッシングは、申し込めばすぐに便利に使えると思い込みがちですが、逆に不便で損する可能性もあります。

ATMのチェックは絶対に確認してほしい項目だと言えます。

プロミスを利用したキャッシングの場合は、店頭窓口だけでなく、忙しい方でもインターネットや電話、ATMを使って申請できるので好きな方法を選択することができます。

また三井住友銀行やジャパンネット銀行などの24時間振込可能な金融機関などを普段利用されている方は、受付完了後、10秒弱ですぐにお金が入金される便利なサービスをご利用頂けます。

特に女性の方には、専用ダイヤルもありますし、何より申込みをしたその日から30日間は利息がかからない期間があるのも他ではないプロミスでキャッシングを行う魅力があります。

以前、30万円ぐらいキャッシング利用で借入の申し込みをやったのですが、断られました。

考えてみるとたぶん、まだ就職したてということもあり、そこまで信用がなかったのだろうと思うので、そういうことが原因なんだと思います。

仕方なしに、10万円にまで引き下げることにし、その金額だと大丈夫だと言われ審査に通ることができました。

普段からある程度備えていても、不意の出費などでキャッシングやカードローンを利用することも多少なりともあるでしょう。

そのとき、知識がない、初めてだと自覚しているのにも関わらず、借りるとアヤシイ会社や法定外の利息をとる闇金だったりして、とんでもない苦労を背負ってしまう危険もあることを理解してください。

まずは、知らないところからは借りないこと。

借りる前にしっかり判断して、世間的にも名前が知れた大手業者や銀行で借りるようにしましょう。

一般的に、キャッシングというとお金を借りることをイメージすると思いますが、何か高い買い物をした際、分割払いの補てんにする時にも便利なのがキャッシングです。

一定期間は利息が無料のキャンペーンがあるサービスを選ぶと、もっと便利に利用できるはずです。

このような一定期間の利息ゼロキャンペーンは一回しか使えないことが多いものの、キャッシング業者の中には、以前の借入の返済を済ませてから、しばらく時間が経過していれば再度キャンペーンが適応されるものもあるので、調べてみると良いでしょう。

まだわからないかもしれませんが、これから先、何度かキャッシングを利用する予定があるのならば、近くにキャッシングに対応したATMが設置されているかを調べてから借り入れ先を選ぶのもおススメです。

逆に考えると、迂闊に借り入れてしまう危険を避けるため、ATMのために遠くまで出向かないといけないようなサービスをあえて選ぶのも良い案ではありますが、返済するのも面倒になるという欠点があることは覚えておきましょう。

ご自身の性格を踏まえて、どちらを利用するのか検討してみてください。

キャッシングでお金を借りるには申し込んだ後に受ける審査に合格しなければなりませんが、公務員の場合は、まず問題なく融資を受けられます。

一般的に、審査では、安定した収入があることが最重要視されます。

社会的信用度が高く、会社がつぶれる可能性のない公務員は信用度が高くなります。

あるいは、業界外にも名前の知られている有名な会社に属している方も、審査では公務員と同様の評価を受けるでしょう。

キャッシングで他の会社から借入が多くある人は危険があるかもしれないと考える必要があります。

これまでで3社以上の他社借入がある時は、キャッシングを申請しても審査に通らななくなる可能性が 高くなり得ます。

最近の審査方法は、申し込みした人が信用できるかの情報チェックをかなり厳正に行う傾向が増えてきているのです。

一般的に現状の借入先以下の金利の会社に借り換えを行うのは、オススメの手段です。

それに、複数の借入先があるのなら、一本にまとめることが借り換えで行えるのなら、そのほうが良いのはもちろんです。

一本化を行うことによって、返済を行う業者が一つになって、返済の管理が何よりも簡単になり、なおかつ、高額の借り入れをすることでこれまでよりも金利が低くなることも考えられます。

カードローンお役立ち情報

パート・アルバイトの方には
\最短で借りれるプロミス/

今すぐお金を借りるなら