パート主婦でもお金借りる

\パートやアルバイトの借入なら/

トップページ

今日中にお金がないと困る…
バイト給料日までもたない…
パートでも借りれるローンはある?


そんな悩みをお持ちの方へ。

こちらでは、急ぎでお金が必要なパート主婦やアルバイトの方のために、安心して借りれる所をご紹介しています。(※最短1時間融資)

パート主婦・アルバイトがお金借りるなら

正社員と比べると収入が少ないために、パート主婦やアルバイトだと借りられないと思っている方が多いと思います。

ですが、実際には収入の多い少ないは関係なく、大切なのは「安定した収入があること」なんです。

パートやアルバイトとして働き、毎月一定の収入がある方であれば、返済能力があると判断されるという事です。

もちろんパート主婦やアルバイトでもお金が借りれると言っても、正社員や公務員の方と比べると借入限度額はそれほど多くないのが現実です。

ですが、どんな借入先を選んだとしても収入に見合った金額しか借り入れできないので、こればかりは仕方のないことかと思います。

銀行カードローンは審査が厳しい?迷ったら消費者金融へ

銀行カードローンだと低金利で借り入れできるため、迷わず申し込みたいところですが、低金利ゆえに審査が厳しくなっているのがデメリットです。

特に収入の少ないパート主婦やアルバイトの方の場合は、少額融資であっても審査に通る可能性が低いようです。

また、審査が厳しいことから銀行融資は時間がかかるケースが多く、急ぎでお金を借りたい方にはおすすめできません。

即日融資も可能なカードローンをお探しなら、大手の消費者金融の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

審査が早いうえに安心して借りれると評判なので、パート主婦やアルバイトの方にもおすすめです。

パートやアルバイトの方へ
\お金借りるならココ!/

24時間365日土日も借入OK
スマホから申込み可能
実質年率4.5%~17.8%
限度額1万円~500万円
審査時間最短30分
無利息期間30日間
収入証明書原則不要※借入総額により収入証明書類(源泉徴収票など)が必要
  • 初回は30日間利息0円
    メールアドレス登録とネット明細利用の登録をするだけで、30日間利息0円でお金が借りれます。
  • 今日中に借りれる
    三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。
  • 担保・保証人なしで借りれる
  • ネットなら最短1時間で借入OK
  • スマホなら専用アプリが便利
  • 大手カードローン会社で安心

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • パスポートまたは健康保険証+住民票
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書 など

【収入証明書類】

  • 確定申告書
  • 住民税決定通知書
  • 所得証明書
  • 課税証明書 など
最短即日で振込融資OK
実質年率3.0%~18.0%
限度額1万円~800万円
審査時間最短30分
無利息期間最大30日間
収入証明書原則不要※お借入総額により収入証明書類(源泉徴収票など)が必要
  • 今日中に借りれる(24時間、土日も即日振込が可能です。)
    ※金融機関・お申込時間帯によっては利用できない場合があります。
  • 初回は最大30日間利息0円
  • 担保・保証人なしで借りれる
  • ネット完結で契約手続き可能
  • PC・スマホで申し込みOK

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • 健康保険証 など

【収入証明書類】

  • 市民税・県民税額決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書(第一表) など
来店不要で最短融資OK
実質年率3.0%~18.0%
限度額1万円~800万円
審査時間最短30分
無利息期間最大30日間
収入証明書原則不要※お借り入れ合計額により収入証明書類(源泉徴収票など)が必要
  • 初回は最大30日間利息0円
  • 今日中に借りれる
  • 担保・保証人なしで借りれる
  • ネットですべての手続き完了

お金の借り方まとめ

こちらでは、パート主婦やアルバイト勤務の方でも安心して借りれる借入先をご紹介しました。

大手の消費者金融会社であれば、雇用形態を気にすることなくお金を借り入れることが出来るので、急な出費にもすぐに対応することができるのがメリットです。

ただし、他社ローンをご利用中の方に関しては、審査に通る確率はどうしても低くなってしまいます。

もしも申し込みを検討中のカードローン会社がある場合には、まずは公式サイトで用意されている仮審査を受けてみてはいかがでしょうか。審査に通るかどうかの目安になりますよ。

よくあるQ&A

こちらでは、パート主婦やアルバイトの方のために、よくある質問と答えをQ&A形式でご紹介しています。

良ければカードローン申込前の参考にしてみてください。

Q. パート勤務の私がカードローンに申し込んだら限度額はいくらになりますか?

A. 原則として融資を受けられるのは年収の3分の1までとなっています。

パートやアルバイトに関わらず正社員の方でも、賃金業法により利用可能限度額は年収の3分の1までと決められています。

よって、パート勤めの方は、現在の年収の3分の1以下の限度額になるのではないでしょうか。

具体的な限度額については、実際に審査を受けてみなければ分かりませんので、気になる方は公式サイトにある仮審査を受けてみてはいかがでしょうか。

Q. カードローンでお金を借りたいんですが、バイト始めたばかりでも借りれますか?

A. 勤続年数が長い方が審査においては有利とされていますが、在籍確認が取れれば問題ありません。

カードローン審査において、勤続年数1年未満の場合は審査に通りづらいと言われますが、審査基準として明確な勤続年数を記載している金融機関はどこにもありません。

安定した収入があること、年齢制限を申込条件としている所が多いため、バイト始めたばかりの方が申し込みしてみる価値は十分にあると思われます。

ただし、バイト始めたばかりの方でもすでに他社でローンを組んでいたり、クレジットカードの利用実績に問題があるといった場合には、勤続年数に関わらず審査落ちの可能性が高くなってしまいます。

ですが、逆に言えばカードローンの利用が初めてでなおかつクレジットカードの利用実績も良好であれば、問題なく審査に通過すると思われます。

Q. パート勤務の私でも即日で融資してもらえますか?

A. はい。パート・アルバイト勤務の方でも最短でご融資してもらえます。

こちらでご紹介しているプロミスアコムアイフルなら審査が早いと評判です。

パソコンやスマホからネット申し込みも出来るので、申し込みから借り入れまでの手続きも早いのでおすすめです。(※最短1時間融資)

お急ぎの方は、あらかじめ必要書類を準備しておき、ネットから申し込みすることをおすすめします。

主な必要書類は、以下の通りです。それぞれ以下のうちいずれか1点を提出する流れになります。

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 住民票
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード
  • 公的証明書類
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書 など

【収入証明書類】

  • 給与明細書
  • 源泉徴収票
  • 所得証明書
  • 課税証明書
  • 住民税額決定通知書
  • 確定申告書の控えのコピー など

なお、金融機関ごとに収入証明書類として認められる書類は異なります。あらかじめ公式サイトで確認しておくようにして下さい。

借入の基礎知識コラム

キャッシングとカードローンはどちらも金融機関からお金を貸してもらえるサービスですが、何がどう違うのかはっきりとしないという人も少なくないでしょう。

おおまかに言えば、キャッシングは数万円程度の小口融資が基本になります。

その一方で、借入限度額が数百万円という大口融資を基本として、分割で返済するサービスをカードローンと呼びます。

このように、大口融資が可能なカードローンは、キャッシングと比較すると、厳しい審査をパスできなければ利用できません。

現金が乏しいときに使える代用品として便利なクレジットカードの機能は「ショッピング枠」、「キャッシング枠」、「利用限度額」という3つが機能としてついているようです。

使用が可能な金額の上限以内に至っては「ショッピング枠」「キャッシング枠」が含まれている、との事ですが、私が使うとなったら、何かを購入した時の支払時にしか使用したことがありません。

頻度は少ないです。

もし、借り入れするとしたら手順はどのようにすれば融資実行になるのでしょうか。

理解が乏しいので非常な時に備えて知識が欲しいと思っています。

近年、あちこちのキャッシング会社が、借りたお金をすぐ返済すると(上限はありますが)、なんと金利がゼロといった驚くべきサービスをしています。

これはおおむね30日以内といった制限があるようなのですが、5~10万円といった少額のお金をキャッシングするならば、利用するべきです。

必要な時に、時間や曜日に制限なくお金を借りられるのがキャッシングの強みです。

そもそも、消費者金融には曜日といった考え方はありません。

年末年始を除いて、大半の業者が年中無休で9時から21時まで営業しているようです。

言うまでもありませんが、営業時間内であれば、新規契約の申し込みも受け付けていますから、祝日に遊びに行くのにお金がない、といったケースでも、申し込んだ時間次第では、その日のうちに融資してもらえるでしょう。

給料日前でお財布がピンチな時とはいえ、欲しくてたまらないものがあったならば、キャッシングで乗り切っています。

会社のパソコンを使って審査の申し込みを済ませておいたら、即日で審査通過になるでしょう。

そのあとは、勤め先に近いATMで現金を引き出します。

コンビニを利用すれば、周囲の人にばれることもないので安心できます。

その上、簡単で便利です。

お金が必要になると、目先の支払いに焦って金利が高めの借換やおまとめローンなどに頼ってしまいがちです。

生活資金に限れば、公的融資を申し込んでみるのはどうでしょう。

たとえば社会福祉協議会なら、1.5?3.0%という低い金利で融資が受けられます。

社協の生活福祉資金貸付制度では連帯保証人を立てられれば無利子(利息負担ゼロ)となる点がありがたいです。

民間融資と公的融資。

どちらもよく調べて、自分にとって最適な判断をするようにしましょう。

急にお金が必要になったとき、キャッシングで即日融資してもらえるのがごく当たりまえの時代になりました。

CMで名の通ったカードローンの会社では当日融資OKというのがもはや普通なんです。

こうなると、時間がかかるほうが「変だった?」ような気がしてくるから不思議です。

審査項目が以前に比べて少ないとか、利用者が極端に少なくなったとか、審査・融資のスピード化の裏には複数の要因があると思いますが、融資を申し込む方としては嬉しいことであるのに変わりはありません。

キャッシングでできるだけ早くスムーズにお金借りる方法は、パソコンやスマホでオンライン申込みをしてみることです。

対面で申し込む必要もなく、家などでくつろぎながら24時間365日どんなときでも申込みできてありがたいです。

web審査もあっというまで約1時間程度で結果がわかるので、迅速に申込み手続きができます。

キャッシングは借り換えが心置きなく可能なことも一つの長所といえます。

仮に、いい条件で借りられる所があれば、その会社からお金を貸してもらって、前の会社のお金を返せばOKです。

このようにして借り換えを利用すれば、より都合のよい条件で利用可能かもしれません。

金融機関から個人で小口融資を受けることをキャッシングといい、主に、銀行や消費者金融がサービスを提供しています。

あるいは、クレジットカードに付帯したキャッシング枠を使って、クレジット会社から現金を貸し付てもらうこともキャッシングと呼ばれます。

ですから、一口にキャッシングといっても、そのサービスを提供する業種はさまざまです。

なお、銀行以外の業者はノンバンクと総称され、銀行とは区別されます。

なぜかというと、銀行で契約を結んだ場合と、ノンバンク系のキャッシングサービスでは、施行される法律が違う為です。

具体的には、銀行には銀行法が適用され、それ以外の業者の場合、貸金業法が規定されています。

カードローンお役立ち情報

パート・アルバイトの方には
\最短で借りれるプロミス/

今すぐお金を借りるなら