楽天ETCカードってお得?だいたい4,000ポイントぐらいもらえる?

高速道路を利用するときに便利なETC走行ですがいろんなカードがあって選びにくいですよね。

ここでは2種類のおすすめのカードを紹介します。

発行手数料や年会費などを無料で済ませたい方にはライフカードです。

ライフカードではさらにポイント還元率が誕生付きの場合、通常の3倍になる特典や国際ブランドもVISA、JCB、MasterCardから好きなものを選択できます。

2つ目に紹介するのは知らない人はいないくらいの知名度の楽天カードです。

クレカは年会費無料ですがETCカードの方は540円の年会費が発生します。

年会費がかかるのが気になるという方もいると思いますが楽天カードはポイント還元率が高くエネオスなどでガソリン給油時にもポイント還元があります。

車に乗る機会が多い方は持っていると便利なETCカードを作っていますか?持っていない方が手に入れるには基本的にクレジットカードが必要になります。

持っていない方がカードを発行するにはクレジットカードの申込みが必要です。

特典を見てサブクレカを作る時に一緒に発行するのもいいですね。

持っていない方やサブクレカを申し込もうとしている方向けにどういった面を見てカード会社を選べばいいか調べてみました。

高速道路を利用する頻度が少ない方ならライフカードなどの年会費無料を選ぶといいでしょう。

楽天でよくネットショッピングをされるという方ならETCの年会費はかかりますがポイント還元率が良かったりENEOSでの特典がつく楽天カードという選択肢もあります。

車に乗る頻度やカードごとの特典を調べて自分に合ったカードを探してください。

大学進学や新社会人になり生活環境が変わり車の免許を取って遠出をしたいと考えている方もいると思います。

新大学生など免許取り立ての方の多くは楽天ETCカードを持っていないと思います。

ネット上でもどこで手に入るの?といった質問も散見されます。

なので楽天ETCカードの作り方について少し調べてみました。

まず最初にETCカードは購入するものではなく申し込みをして発行されるものになります。

ネクスコ東日本などの高速道路事業社が発行しているETCパーソナルカードと高速道路事業社が発行しているETCパーソナルカードと呼ばれるものともし持っているクレカ会社がETCも発行しているなら追加発行の申し込み、対応していなければ新しくクレカを申し込み、同時にETCを申し込みしましょう。

この前、インターネットで調べ物をしていたらこんなトリビアを見つけました。

それは、現金レーンでの支払いをETCカードで払えるということです。

料金所でカードを係員に手渡すことで支払い処理を行ってもらえるのですが基本的にはETC利用時は入口?出口まで無線通行が原則となっており無線通行しない場合は入口?出口の無線通行しない場合はどの入り口から入ったかなど通行に関する情報が把握できないため距離料金が適用されません。

料金所入口がETCレーンエラーで無線通行できないなど特別な場合は、料金所の係員に処理してもらう際に「車載器を搭載している」ことを伝えて決済するカードを渡して処理をしてもらってください。

出口料金所の利用時に料金所のない入口を通行していた場合は料金算出の起点が不明になるのでその料金所から最も遠い料金所のない入口から計算されるようです。

車の免許を取ったばかりの方の中にはETCカードを作っていないから知人からカードを借りてくる。

という話をよく聞きます。

ETC制度の技術的・仕組み的には他人名義のカードでも利用できますがETC制度とは違う面で問題があるので家族・友人間でもカードの貸し借りはしないでください。

なぜかというと、カードを申請する際の利用規約に本人以外の利用が禁じられていると書かれているからです。

仕組みを簡単に書くとETCカードもクレカと同様にカード会社が一時的に利用料金を立て替えてカード会員の口座からまとめて後日引き落とすという形をとっています。

この支払方法はカードを作った名義人とカード会社の信用を前提にして成り立っています。

名義人以外の第三者が利用しているのは明確に規約に反するためカードが停止される可能性を含んだ行為になります。

ここぞというタイミングでトラブルが起きる方っていますよね。

というのもこの前楽天ETCカードを利用しようと思って財布の中を見ても見つからなかったんです。

用事を済ませ家に帰ってから改めて探しても見つからずどうやら失くしてしまったようです。

こういったトラブル対応に慣れていないので焦ってしまいました。

ひとまずカード会社にETCカードの利用停止の連絡をしようと思い、紛失盗難デスクに電話をしたところそのまま再発行の手続きを行ってもらえました。

再発行時に手数料はかかってしまいますが手続きをしてから1から2週間程度で新しいカードが届きました。

このように紛失した場合は各カード会社の紛失盗難デスクに連絡をしましょう。

参考:楽天ETCカードのキャンペーンはお得?【入会で最大何ポイント?】

ここ数年でよくノマドワーキングという言葉を聞くことがあります。

その中には独立して個人事業主や起業して社長となる人も増えています。

一見自由そうに見える個人事業主の方の多くが慣れない経理業務は面倒だと感じているそうです。

特に打ち合わせなどで移動する際の交通費は計上回数が多くなりがちで毎月領収書を出して保管、清算して・・・というのは確かに面倒そうです。

できれば屋号・法人口座からまとめて引き落として経費としておきたいですよね。

その場合、高速道路料金支払い時に使用する楽天ETCカードはどうしたらいいのでしょうか。

基本的な作り方は個人用のカードと同じで法人専用のビジネスカードを申し込むのが一番シンプルな方法です。

しかし、法人用カードの発行は独立したばかりの人にとって1つの関門と言われるくらい審査に通りにくいようです。

高速道路の料金所をスムーズに通行できることや料金割引が適用されるなど便利でお得なETCカードですがその普及率はどうなっているのでしょうか。

NEXCO東日本のHPに載っている利用率調査によると平成30年3月に高速道路を走行した中の約90%の車で使われていたそうです。

ほとんどの方がETCを活用しているということです。

料金割引も東京湾アクアラインを例にするとETC利用で普通車料金が800円ですが一般レーンの利用料金では約3000円と大きく違います。

多くの人が使っている、カード利用で割引されるという話を聞くとETCを使っていない人も使いたくなりますよね。

気になるカードの入手方法ですがすでにクレカをお持ちの方は追加申し込みで発行、まだクレカを所持していない方は新規でクレカ申し込みする際に同時にETCカードの申し込みができます。

皆さんはETC カードの発行新鋭をする際にどういった部分を重視してカードを申し込みましたか?クレカの新規申し込み時に同時に発行申し込みをしている方や発行手数料や年会費無料かをチェックして申し込んだ方もいると思います。

ここではまだETCカードを申し込んでいない方に向けて他の方が作ったときにどのポイントを見て作ったのかを調べてみました。

高速の利用頻度が少ない方は年会費や更新費無料のカード、利用頻度の多い方はポイント還元率を重視して選ぶようです。

年会費無料のカードを選ぶ際、よく利用する店舗でのポイント還元率の違いや自営業の方では仕事用と私用で決済を分けるために複数枚持つ方もいるようです。

ガソリンスタンドで給油するときに現金やクレジットカードなど様々な支払い方法が選べます。

最近ETCカードを申し込もうと思って調べていたところカードによってガソリン給油時に値引きやクレジットカードで支払いをした時のポイント付与が倍になるなどの色々な特典がつくカードもあるようです。

一例として、楽天カードの場合、ENEOSで給油やメンテナンスをした時にポイントが2倍になり貯まったポイントの利用もできるそうなのでよく車に乗られる方や高速道路を使う方は給油時の特典があるカードの利用がお得です。

このようにどんな特典があるかカードごとに違うので申し込む際はいろいろ調べてみてください。